女性獣医師応援ポータルサイト

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

女性獣医師活躍推進の
取組状況のご紹介

地方獣医師会における女性獣医師支援の取組み

日本獣医師会では、女性獣医師がより活躍しやすい環境づくりをめざして、女性獣医師支援対策検討委員会を設置して検討を進めるとともに、農林水産省補助事業を活用し、「女性獣医師応援ポータルサイト」及び女性獣医師等就業支援研修等の取組みを進めています。
各地方獣医師会における取組みについて、平成29年度及び30年度とアンケートを実施したので概要をご紹介します。

女性獣医師応援ポータルサイトとは

平成29年度及び30年度アンケート調査結果から

問1 女性獣医師支援に係る取組みを行っていますか。

 全国55地方獣医師会のうち、22地方獣医師会で行われている(平成30年度。29年度調査では16)。主な取組みは、次のとおりでした。

 女性獣医師支援のための委員会等を設置して検討している

 ホームページ等を活用した復職支援等に向けた情報を提供している

 会費の減免制度を設けている(再入会者の入会金免除など)

 代替獣医師確保のため等の人材バンクを設置している

 県と協力して勤務獣医師支援のためのシンポジウムを開催している

 医師会・歯科医師会からも参加を得て研修会を開催している


問2 女性役員の数を増やすための検討を行っていますか。

 13地方獣医師会で行われており(平成30年度及び29年度調査では13地方獣医師会)、その内容は、役員の女性獣医師枠の設置、立候補の呼びかけ、推薦の要請等でした。

 平成30年度の役員改選に伴い、女性役員が10名増え、39地方獣医師会で女性役員が就任(70.9%)されています。


令和元年度アンケート調査結果から

地方獣医師会における女性獣医師活躍推進のための取組状況の調査

 地方獣医師会による取組みを推進するため、平成28年度から実施してきたアンケートについて、調査票を全面的に見直し、令和元年度からは日本獣医師会が毎年実施している地方獣医師会への定期調査の一つとして継続的に実施することとしました。

 本調査の取りまとめ概要は、別添のとおりです。

 今後とも、地方獣医師会に調査のご協力をお願いし、女性獣医師の活躍推進の取組みについて公表していく予定です。


(別添)
令和元年度女性獣医師活躍推進のための取組状況調査概要(令和元年度調査)
                               調査時期:令和元年6 月28日現在
問1(各獣医師会における職域区分ごとの女性会員数等について)         (単位:人、%)
職域部会名等 会員数 女性会員数 女性会員割合 女性会長等
産業動物 5,157 913 17.7  
公衆衛生 4,631 1,517 32.8 副会長1人
家畜衛生 2,135 630 29.5  
小動物 8,726 1,817 20.8  
学術・教育機関 1,088 204 18.8  
上記以外 2,380 332 13.9 副会長2人
合計 24,117 5,413 22.4  
(注)職域部会名等欄の区分については、地方獣医師会での区分を勘案した便宜上の区分名称である。

区  分 回答数(件) 割合(%)

問2-1(女性獣医師数を把握していますか)
地方会での調査で把握 5 8.9
国・県等のデータで把握 11 19.6
把握していない 40 71.4
1県複数回答
1県複数回答
 




問2-2(未就業女性獣医師把握のための取組みをされていますか)
はい 2 3.6
いいえ 53 96.4

問3-1(女性獣医師に関する委員会等を設置していますか)
はい 6 10.9
いいえ 49 89.1

問4(1)(女性会員増加のための取組みをされていますか)
はい 6 10.9
いいえ 49 89.1

問4(2)(女性役員増加のための取組みをされていますか)
はい 15 27.3
いいえ 40 72.7

問4(3)(育休中の会費減免制度を設けていますか)
はい 6 10.9
いいえ 49 89.1

問4(4)(人材バンク等を設置していますか)
はい 2 3.6
いいえ 53 96.4

問4(5)(女性獣医師復職支援研修等を開催していますか)
はい 2 3.6
いいえ 53 96.4

問4(6)(女性獣医師の相談窓口を設けていますか)
はい 1 1.8
いいえ 54 98.2

問4(7)(応援ポータルサイトのバナーを地方会HPに貼っていますか)
はい 34 61.8
いいえ 21 38.2

問5(活躍推進対策の優先順位(%))  
  1位 2位 3位
求人サイトの改善 38.5 48.5 18.2
人材バンクの創設 48.7 48.5 9.1
その他 12.8 3.0 72.7

参考:各地方獣医師会の女性役員の人数、割合等:令和元年度

 令和元年度の役員改選に伴い、昨年度と比較して女性役員は10名増えましたが、女性役員が就任されている地方獣医師会は39と変化ありません。 (括弧内は、前年度調査)
役員(理事・監事)総数973名(978名)うち女性68名(58名):7.0%(5.9%)
(推移は図のとおり)
女性役員が、 2名以上の地方獣医師会  16(15)
1名以上の  〃   
39(39)
0名の    〃   
16(16)
 
女性役員の割合が、 15%以上の地方獣医師会  7(5)
10%以上の  〃 
16(8)
5%以上の  〃 
34(31)
5%未満の  〃 
21(24)
[  日本獣医師会は、 役員総数     24名  ]
うち女性     3名

獣医事に従事する者(H26)




獣医学系大学における女性教員数等について
  •  平成29年度の女性獣医師支援対策検討委員会において、女性獣医師の活躍推進のための取組みを進めるため、獣医学系大学の女性教員数を把握することとし、毎年調査をお願いし、公表することが提案されました。
     昨年度に引き続き、本年度も全国の獣医学系大学16校に対して、2019年4月1日現在の調査を依頼したところ、すべての大学から回答がありました。

  • 2か年度の調査の結果は下表のとおりです。
女性教員の数と割合(獣医学部・学科の獣医師教員数、非常勤を含む。)
(毎年度4月1日現在)
区  分 全 体(人) うち女性(人(%))
2018年度 2019年度 2018年度 2019年度
教 授 257 261 9( 3.5) 10( 3.8)
准教授 194 197 18( 9.3) 22( 11.2)
講 師 71 69 16( 22.5) 15( 21.7)
助教・助手 144 141 41( 28.5) 36( 25.5)
合 計 666 668 84( 12.6) 83( 12.4)

(注)*国立大学の女性教員比率は、2020年までに20%に引き上げることを目指し(2011年2月策定)、2016年1月にはこれを引き継ぎ、2020年までに、現在の比率が・・・20%以上の大学は30%以上、10%以上の大学は20%以上・・・というように、各大学がそれぞれ状況に応じて目標を設定し、より高い比率の達成を目指す:国立大学における男女共同参画推進についてーアクションプランー(国立大学協会)


  • 次年度以降についても、16校に対して調査の協力をお願いし、今後の女性教員の推移を公表していく予定です。